エストロゲンと類似性のある効果

サプリ服用

大豆に含まれるイソフラボンの成分は、摂取をすると腸内でエストロゲンと同じ働きを持つと言われるエクオールに変わります。大豆は豊富なイソフラボンを含んでいることから、アメリカの研究でも更年期障害の症状を和らげる働きがあることに注目しているのです。エストロゲンというのは女性にとって不可欠な女性ホルモンの一種ですが、年齢とともに減少をはじめ、閉経をすると急激にその量が少なくなります。エストロゲンの働きが弱くなると更年期の症状に悩まされるようになり、自律神経の調節がうまくできなくなることで、体に様々な不調が現れ始めるのです。大豆に含まれるイソフラボンにはエストロゲンとの共通点が多く、エストロゲンに代わる働きをします。

イソフラボンが腸内で変わる

サプリ服用

イソフラボンというのは大豆に多く含まれており、美容に良いといわれスキンケア商品にも用いられるようになりました。口から大豆製品を摂取すると、イソフラボンが腸内細菌の働きによってエクオールという物質に変化します。この物質は女性ホルモンであるエストロゲンとの類似点が多いことが研究などで明らかになっています。そのため、更年期障害に悩む女性は積極的に大豆製品を摂取することが好ましいと言われています。ただし、このエクオールという成分は誰もが享受することができる成分ではないのです。日本人の半数以上が腸内でイソフラボンをエクオールに変えることができないため、大豆製品を積極的に食べてもエストロゲンと同じ効果を得られないのです。

サプリの力を借りて体調改善

サプリ

腸内細菌によりイソフラボンからエクオールを作り出すことができない人は、サプリメントに頼るという方法があります。サプリメントは更年期障害に効果的な成分を豊富に含んでいるため、日々の食生活で補うことができない有効成分を効率的に摂取することができるので効率的です。エクオールを腸内で作り出すことができない女性は、作ることができる人に比べて更年期の症状が重くなる傾向が強いと言われています。エクオールの働きによりイライラや体のほてり、それに肩こりなどの更年期の症状を和らげることができます。さらに、サプリメントを摂取することで骨粗鬆症の予防に役立てたり、美肌効果という副次的な効果を得ることができます。食品で更年期に効果的な栄養素を補うことには限界があるので、無理をせずにサプリメントの力を借りて効率的に栄養を摂ることが大切です。エクオールは、中高年の女性の健康をサポートします。

広告募集中